育児のこと 赤ちゃんのこと

アレルギーと離乳食の進め方~アレルギー検査のタイミングや注意すること~

赤ちゃんが6ヶ月ごろになると、離乳食が始まります。ママさんは離乳食を始めるにあたって、『子どもがアレルギーをもっていないかな?』と心配になりますよね。離乳食をすすめる前にアレルギーについて正しい知識を身につけて、赤ちゃんが安全に離乳食を進めていけるようにしましょう。

食物アレルギーとは

そもそも食物アレルギーとは何らかの原因となる食べ物を食べて、皮膚や粘膜、消化器、呼吸器などにアレルギー症状が出ることをいいます。
食物アレルギーは、赤ちゃんだけでなく、大人や高齢者にもみられることがありますが、0~1歳の赤ちゃんに見られることが多いといわれています。赤ちゃんはまだ免疫力がないことや、消化器官が発達していないために、アレルギーを起こしやすくなっています。アレルギーは成長するにつれてなくなることもあります。食物アレルギーの種類は次の二つです。

即時型反応

食事後、2時間以内にアレルギー反応が見られるものをいいます。
アナフィラキシーも即時型反応のひとつといえます。

『アナフィラキシーとは』
アレルギー反応の中でも、とても深刻な命にも関わるアレルギー反応のことをいいます。皮膚や粘膜、消化器、呼吸器などの一部にアレルギーが見られるだけでなく、複数、または全身にアレルギー反応が出て、血圧の低下や意識障害におかされることがあり、生命に関わる危険性があるので、一刻も早く医療機関で治療する必要があります。

非即時型反応

遅発型反応:食後6~8時間後にアレルギー反応がみられる。
遅延型反応:食後1~2日後にアレルギー反応がみられる。

即時型反応よりも遅く、食事した日は何ともなくとも、半日後や翌日アレルギー反応がでることがあるので気をつけたいですね。

アレルゲンとなる食べ物

こういった食物アレルギーの原因となる食べ物をぜひ知っておきましょう。アレルギー表記が義務づけられている代表的なものから、表記が推奨されているあまり知られていないものもあるので、初めて食べるときには要チェックです。

アレルギー7品目

卵、乳および乳製品、小麦、えび、かに、落花生、そばはアレルギー表記が義務づけられている代表的な物です。特に、卵、乳(乳製品)、小麦は他に比べても、アレルギーになる確率が高いので注意が必要です。

アレルギー21品目

ほかにもアーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン。
こちらの21品目もアレルギーの原因となることがあります。このアレルギー食材を知っておくことで、アレルギー反応が出たときに原因を調べやすくなりますね。

アレルギー食品を食べる前に

では、離乳食をすすめるにあたって、アレルギー食材を食べる前に注意しておきたい点について紹介していきます。

調理方法を確認する

離乳食を食べる前に、そのまま生であげてもいいもの、加熱したほうがいいものの確認をしておきましょう。加熱しなかったことで、アレルギー反応を起こしやすくするものもありますので、それぞれの調理方法を確認しておきましょう。

アレルギー食材は1種類ずつ試す

アレルギー食材は1種類ずつ試すようにしましょう。というのも、もしもアレルギー食材を2種類食べて、アレルギー反応が出た場合、アレルギーの原因が分かるのに時間がかかってしまいます。また、複数のアレルギー反応を防ぐためにも、1種類ずつ食べましょう。

病院のいける時間帯に試す

万が一、アレルギー反応が出たとき病院へすぐいけるような時間帯に食事をするのがいいでしょう。非即時型反応のように、後から反応が出てしまうこともあるのですが、アレルギー反応が出たときにすぐ病院に行けると安心ですよね。病院のいける時間帯、送迎してくれる人がいるか等も確認しておけば、なお安心です!

少量ずつ試す

食物アレルギーである場合、触っただけでもアレルギー反応が出ることがあるほど、赤ちゃんはとても敏感です。アレルギー反応がなければ良いのですが、アレルギー反応が出る可能性も考えて、初めてのものは少量ずつ食べるようにしましょう。

体調の良いときに試す

食物アレルギーは体調が悪いときに食べると、免疫力が落ちているために、アレルギー反応が出やすくなります。
風邪をひいている、ぐずっている、病み上がり、寝不足などのときは避け、体調の良いときに試すことをおすすめします。

アレルギー反応が出たときは

気をつけていても、赤ちゃんのアレルギー反応が出ることは、避けられません。
もしもアレルギー反応が出たときの対処法を知っておくことで、すぐに対応できるのでぜひこの機会に覚えておいてくださいね。

子どもの様子を観察

アレルギー反応が出ると、ママさんも慌ててしまいがちですが、落ち着いて子どもの様子を観察しましょう。皮膚に少しの発疹など軽度の場合は、様子を見て落ち着いたら病院に連れて行きましょう。

しかし、呼吸がおかしい、下痢、嘔吐、発熱、顔が真っ赤になるなどの異常が見られた場合はすぐに病院に連れて行く必要があります。場合によっては、救急車を呼んだり、時間外でも受診する必要があります。

状況を把握する

病院で受診する際に、次の情報が必ず必要となります。
・食べたもの
・食べた時間
・症状が表われた時間
・症状の様子
余裕があればメモしたり、発疹などの様子を写真に撮っておくことをおすすめします。

手や口の周りを洗う

アレルギー反応が出た場合は、すぐに口、口の周り、手、顔などをよく洗いましょう。アレルギーのある食材が手についた状態で顔や体を触ると、どんどん広がっていくことがあります。よく洗うか、洗うのが難しい場合はは、濡らしたタオルで優しく綺麗に拭き取ってあげましょう。服についている場合は、お着替えもしてあげてくださいね。

しばらくは様子を見る

アレルギー反応がほとんど見られなかった場合でも、非即時型反応のように、半日後、翌日に反応が出ることもあります。食後2時間ほど出なかったからといって、安心はできません。その後も、赤ちゃんの様子を観察するようにしましょう。

さいごに

離乳食のなかでおこるアレルギーのお話いかがでしたか?最初はママさんも緊張したり、不安なこともあるかもしれませんが、そんなときはかかりつけ医の先生に相談しながら、無理のないペースで進めていってくださいね。また、成長するにつれて免疫力も高くなり、アレルギーがなくなることもあります。今回お話しした注意点、対処などが参考になると嬉しいです♪

そのほか、注意したい食べ物はこちら▼

赤ちゃんに食べさせると危険!~離乳食期に注意したい食品~

抱っこ紐専門店 キューズベリー

https://www.cuseberry.com

-育児のこと, 赤ちゃんのこと

Copyright© 妊娠・子育てお悩み解決ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.