出産前のQ&A

さい帯血とは?~さい帯血バンクについて~

さい帯血とは?

妊娠してから、へその緒で赤ちゃんとお母さんは結ばれていますよね。そのへその緒のことを「さい帯」といい、そこを流れる血液のことを「さい帯血」といいます。

さい帯血には多くの幹細胞が含まれています。幹細胞とは、体の様々な組織や臓器のもとになる細胞のことで、血液の成分や臓器、神経などの身体のもととなるとても大事な役割をしています。
では、そのさい帯血はどんな時に役立つの?採取の仕方やさい帯血バンクについてお話していきます。

どんなときに役立つの?

さい帯血は人工的につくれるものではありません。
さい帯血は万が一、赤ちゃんが白血病や脳性麻痺になったときの治療だけでなく、最近では自閉症や小児難聴などの神経障害の治療にも、さい帯血を利用して治療ができるようになってきています。

さい帯血の採取・保管について

さい帯血を採取・保管できるタイミングは一生に一度、出産時にしかありません。時間がたってしまうと採取することができなくなってしまいます。そのため、さい帯血の採取を希望される際には、出産前から情報を知り、さい帯血を採取できる産院を探したり、心準備をしておくといいですね。パートナーやご家族の方とも相談しながら進めてくださいね。

さい帯血の採取の方法

さい帯血をとるには、わずか5分程度で終わります。また、胎盤やへその緒に残った血を採取するだけなので、お母さん、赤ちゃんともに痛みを感じたり、負担になることはありません。さい帯血を採取するにあたっての危険性は特にないので、その面では安心です。

さい帯血バンクとは

さい帯血バンクとは、妊婦さんから提供されたさい帯血を調整したり検査したりして、病院へ送ります。さい帯血は、体重や症状などによって、適正なものがかわってくるために、多くのさい帯血が必要になってきます。それらのさい帯血を保存するサービスのことをさい帯血バンクといいます。
さい帯血バンクにはそれぞれ、
①公的なもの
②民間のもの
があります。公的なものは骨髄バンクのようなもので、民間のものは自分や家族のために備えておくものになります。

公的なもの

公的さい帯血バンクは、無償で提供したさい帯血を白血病などの病気で移植を必要とする患者さんのために保管するものです。

民間的なもの

民間さい帯血バンクは、本人や家族が将来なんらかの治療に使う可能性を想定して、保管費用を払って保管するものです。

さいごに

さい帯血は出産時に、一生に一度しかとることができない貴重なものです。赤ちゃんのために、ご家族のために、一度家族で話し合ってみるのもいいですね。さい帯血ができる産院や費用についてもさまざまですのでさい帯血について気になったらまた調べてみてくださいね。

-出産前のQ&A

Copyright© 妊娠・子育てお悩み解決ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.