出産前のQ&A 未分類 産後のママの悩み

母子健康管理指導事項連絡カードとは?

昔に比べ最近は、結婚、育児にかかわらず働く女性がふえてきています。そのなかで、妊娠、出産となるとおかあさんの体の変化があらわれるだけでなく、精神的にも不安定になることがあります。働く場所によっては、そういったことに不満や不安を抱えたまま、働く人もいるかもしれません。しかし、そういった環境の改善、不安を軽減させるための政策についてお話しします。

母性健康管理指導事項連絡カードとは

妊娠もしくは産後の働く女性に対して主治医などからの指示を会社に適切に伝えるためのカードです。

妊娠中や出産後、女性の体は少しの間、不安定な時期が続きます。妊娠前と同じように働くことができるか不安に思ったり、ホルモンバランスなどの影響によって体が思うように動かなかったりすることもあるでしょう。そんなときに、医師に体調の様子をかいてもらい、職場で働きやすく仕事をする女性を応援するためにこのカードがつくられました。

母性健康管理指導事項連絡カードは『母健連絡カード』といわれます。

母健連絡カードの使い方

実際に、母健連絡カードを使うにはどのようにしたらいいか、どんな役割をするのか具体的に見ていきましょう。

どうやって手に入れる?

母健連絡カードの様式は、厚生労働省のホームページからダウンロードできます。
自治体によっては、母子手帳に添付されていることもあるので、一度見てみてくださいね。

母健連絡カードの使用の流れ

①妊娠中または出産後の女性従業員が健康診断などを受診します。
診断結果をもとに勤務時間の短縮や通勤緩和などの措置が必要であった場合、おかあさん(女性労働者)は医師に母健連絡カードを記載してもらいます。

②おかあさん(女性労働者)はその母健連絡カードを職場(事業主)へ提出し、申し出をします。

③職場側(事業主側)がその母健連絡カードに従い、措置をします。

料金はかかる?

母健連絡カードの発行には料金がかかってきますが、大体2000円前後くらいだと思っておいて良いでしょう。かかりつけの病院によっても変わってきますので、希望する場合は病院に直接聞いてみましょう。

実際どんなときに使うの?

母健連絡カードが実際に使えるときは大きく分けて3つあります。

•妊娠中の通勤の緩和
•妊娠中の勤務時間(休憩時間)の措置
•妊娠中、出産後の症状による医師の指導

このように医師からの指示がでた場合に記載してもらうと、会社にスムーズに状況を伝えられて必要な措置をとってもらうことができます。

このほかにも、適用される場合はありますので、一人で抱え込んだり、無理したりせずに、病院の先生に相談しながら少しでも負担が軽減できるようにしていけるといいですね。

さいごに

母健連絡カードは働くおかあさんや妊婦さんの健康を守るためにもある大切なカードです。カードの記載がなくても会社に医師からの指導内容を伝えれば対応してもらえますが、伝えにくい場合はこのように活用することをオススメします。働く女性が増えていく中で、少しでも働きやすい環境をつくったり、安心して子育て生活を送れるような環境作りが期待されています。働く側とおかあさん(女性労働者)側のコミュニケーションのツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

-出産前のQ&A, 未分類, 産後のママの悩み

Copyright© 妊娠・子育てお悩み解決ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.