育児のQ&A 赤ちゃんのこと

赤ちゃんの日焼け止めは必要?~購入前のチェックポイント~

赤ちゃんとお散歩やお出かけのとき、おかあさんだけでなく赤ちゃんの紫外線対策は必要でしょうか?実は赤ちゃんの肌は大人の3倍もデリケートといわれています。赤ちゃんに日焼け止めを塗ったり紫外線対策の方法、ポイントについてご紹介します。赤ちゃんと一緒に紫外線対策をして、肌トラブルを防いでいきましょう。

赤ちゃんも日焼け対策は必要?

赤ちゃんは大人の約3倍も肌がデリケートだといわれています。外にお散歩に行ったりお出かけの際、赤ちゃんも大人と同じように紫外線を浴びていて、そのダメージは大人よりも大きくなります。
肌に紫外線を浴びることによって、乾燥したり、やけどのように炎症を起こしたり将来に何らかの症状が出たりと肌トラブルを起こしてしまいます。そのため、赤ちゃんのころから日焼け対策は必要になってきます。

日焼け止めを選ぶポイント

赤ちゃんの紫外線対策のひとつとして、日焼け止めを塗ることをおすすめします。赤ちゃんの肌はデリケートですので、日焼け止め選びも重要になってきますよね。選ぶポイントをおさえて、赤ちゃんの肌の負担にならないように気をつけましょう。使う前には、パッチテストをして赤ちゃんの肌があれたり、赤みが出たりしないかを確認することをおすすめします。

赤ちゃん用のものを選ぶ

日焼け止めには対象年齢が記載されているので、必ず月齢にあったものを選ぶようにしましょう。刺激が強すぎると、肌トラブルの原因になりますので、赤ちゃんも使える肌に優しいものを選びましょう。少々、口に入っても大丈夫な成分やオーガニックタイプのものだと安心ですね。

防御指数(SPF・PF)をチェックしよう

大人の使用する日焼け止めにも、SPF・PFの防御指数がかかれています。赤ちゃん用の日焼け止めもその数値を確認してみましょう。
SPF: 短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、肌が黒くなるUVB(紫外線B波)を防ぐ効果指数
PF:一時的に肌を黒くさせ、長時間かけて肌の弾力を失わせるUVA(紫外線A波)を防ぐ効果指数
赤ちゃんが日常的に使うものであれば、SPF15~20、PF++くらいを基準に選ぶことをおすすめします。海や山などのレジャー用はもう少しSPF・PFが高いものでもいいですが、赤ちゃんの肌への刺激は強くなるので肌の様子を見ながら塗るようにしてくださいね。

お湯や石けんで落とせるもの

簡単にお湯や石けんで落とせる日焼け止めを選ぶようにしましょう。というのも、日焼け止めは洗い残しがあると肌に刺激を与え、肌トラブルの原因にもなります。お風呂で優しく洗ってしっかり落とせるものを選ぶようにしましょう。日焼け止めを落とすときには、ガーゼやハンカチをぬらして優しく拭き取ってあげるといいですよ。

ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)のもの

日焼け止めの成分で紫外線吸収剤が不使用のものを選ぶようにしましょう。紫外線吸収剤は言葉のとおり、紫外線を肌に吸収してしまう成分があり、肌にもよくありません。成分表を見てノンケミカルのものを選ぶようにしましょう。

洗い流す・保湿を大切に

日焼け止めを塗るのと同じくらい大切にしてほしいことは、日焼け止めを洗い流すことと、保湿することです。
ぬらしたガーゼやハンカチで優しく拭き取ったり、お風呂で洗ったりして洗い残しがないようにしましょう。日焼け止めを買うときに、お湯や石けんで洗い流せるものであることを確認してくださいね。
また洗い流した後はベビー用ローションやオイルで保湿し、肌を守ってあげましょう。

日焼け止め以外にも対策を

赤ちゃんの日焼け対策は、日焼け止めを塗るだけではありません。日焼け止めをつい塗り忘れてしまったときや、少しのお出かけにも日焼け対策ができるようにしていきましょう!

衣服・帽子で日焼け対策

肌に直接、強い紫外線を浴びないようにしていきましょう。袖のある衣服を身につけたり、タオルケットなどをかけたりすることで紫外線のダメージを軽減することができます。そのときに、熱がこもってしまわないように通気性のいいものを身につけて赤ちゃんが過ごしやすい衣服を選ぶようにしましょう。また、肌だけでなく、つばが広い帽をかぶったり、ベビーカーの幌を下ろしたりして、紫外線が直接目に入らないように気をつけてあげてくださいね。
室内や車で過ごすときにはUVカットのカーテンを使用するのもいいですね。

戸外に出時間帯を考える

一番紫外線が強い時間は10~14時頃です。特に夏場は、戸外で遊ぶ時間帯をずらしたり、日陰を選んだり、休憩時間をとったりしながら紫外線対策、熱中症対策をしていきましょう。

さいごに

大人だけでなく赤ちゃんも一緒に紫外線対策をして、健康に過ごしていけるようにしましょう。日光を全く浴びないのが良い、ということではありませんので、日焼け対策をしながら戸外で遊ぶ時間を大切にしていきましょうね。赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、紫外線から守りつつ、保湿しながら十分にケアしてあげてくださいね。

抱っこ紐専門店 キューズベリー

https://www.cuseberry.com

抱っこ紐ZERO新生児~1歳まで
抱っこ紐NICO4カ月~3歳まで
抱っこ紐PATO1歳~5歳まで

-育児のQ&A, 赤ちゃんのこと

Copyright© 妊娠・子育てお悩み解決ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.