出産前のQ&A

4Dエコーって何ですか?

4Dエコーとは超音波検査のひとつで、赤ちゃんを立体的に見ることができる検査のことをいいます。妊娠経過で、超音波検査の(エコー)写真を通して、赤ちゃんの成長の様子や健康状態を見ることは、妊娠中のおかあさんにとっても大きな楽しみですよね。元気に成長する姿を見てよりいっそう、愛おしく、赤ちゃんが産まれてくるのが楽しみになるでしょう。その超音波検査の4Dエコーとは、2Dエコー、3Dエコーとどのような違いがあるのか、赤ちゃんの姿がよく見える時期はいつ頃なのか、お話していきます。

2Dエコー、3Dエコーとの違い

2Dエコーとは

2Dエコーはお腹のなかの赤ちゃんの様子を平面的にとらえた静止画のことをさします。2Dエコーは一般的なもので、ほとんどの産院が2Dエコーを実施しています。
赤ちゃんを立体的ではなく、平面的にとらえることで断面を映し出し、骨格の成長や内臓を見ることができます。

3Dエコーとは

3Dエコーは立体的な静止画のことをさします。立体的なので、2Dエコーに比べて赤ちゃんの形状はみえますが、体の内部は見ることができません。

4Dエコーとは

4Dエコーは3Dエコーに時間の経過をくわえて、動画にしてうつしだしたものをさします。手足や体の動きや仕草、表情などをより鮮明にうつしだしてくれます。おかあさんは、お腹のなかの赤ちゃんが指しゃぶりしたり、あくびしたりして動いている姿をリアルに見られるのはとても感動しますね。しかし、タイミングによっては体が違う向きを向いていたりして、赤ちゃんの動きが全く見られないこともあります。
4Dエコーも3Dエコーと同様、体の内部をみることはできません。

2Dエコーが一般的?

ほとんどの産院では、2Dエコーが一般的です。3Dエコー、4Dエコーができる産院は少なかったり、別途で費用がかかったりすることがあります。3Dエコー、4Dエコーを希望する場合は、予め対応できる産院を調べておく必要があります。

赤ちゃんがよく見える時期

妊娠した時点からエコー写真を通してお腹のなかの赤ちゃんを見て健康状態や成長の様子を観察していきます。そして赤ちゃんが成長して、20~30週頃になるとエコー写真を通して赤ちゃんの様子が見えやすいといわれています。

妊娠20週~25週頃

妊娠20週~25週頃で、性別が分かるようになったり、赤ちゃんの頭から足先まで全身が見られるようになります。全身のかたちをとらえられることで、赤ちゃんの姿をより実感できるでしょう。

妊娠25~30週頃

妊娠25週前後で体の細部が少しずつ見えてくるようになります。髪の毛や手足の指、耳の穴や鼻の穴などを見ることができます。また、この時期に、赤ちゃんは羊水のなかで活発に動くようになります。お腹のなかで回転している様子を見ることができるかもしれませんよ。

妊娠30週以降になると少しずつ顔立ちや表情、仕草なども見ることができるようになってきます。

個人差がある

エコー写真で見られるのにも、個人差があります。赤ちゃんの体の向きや大きさによって、みたい部分が見られなかったり、時期がちがったりすることもあります。焦らず、エコー写真を通して赤ちゃんの成長を見守ったり、健康状態を確認したりしていきましょう。

さいごに

エコー写真は2D、3D、4Dと種類がありますがそれぞれ違った見方ができることをご紹介しました。ただ、3Dエコー、4Dエコーは対応している産院が少ないため、希望する場合は予め産院に確認するようにしてくださいね。エコー写真を通して赤ちゃんの成長を見守り、赤ちゃんの誕生を楽しみに毎日を過ごせますように♪

-出産前のQ&A

Copyright© 妊娠・子育てお悩み解決ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.