赤ちゃんのこと

新生児の体温って何度が平熱?こんなときは病院へ

新生児の体温は何度くらい?

新生児の体温は大人の平熱よりも高く、36.5~37.5℃程度あります。個人差があるため、一日3~4回計測し、お子様の平熱や少し体温が高くなる時間帯などを知っておくと、熱が上がったり下がったりしたときに対応しやすくなりますよ。赤ちゃんは熱が上がりやすくなっているため、どんなときに上がるのか、上がったときにはどうしたらいいのかを知って冷静に対処できるようにしましょう。

赤ちゃんの体温は上がりやすい

赤ちゃんの平熱は高く、体調や機嫌が良いときも37.0℃以上あることがあります。赤ちゃんはまだ自分の力で体温調節することががないため、ちょっとしたことで熱が上がることがあります。周りにいる大人が赤ちゃんの環境を整えて、過ごしやすい空間をつくってあげることが大切です。

・部屋やその場が暑すぎるとき
・厚着をしているとき
・泣いたとき
・食べたり遊んだりした直後

こんなときには、体温がぐっと上がることがあります。体温があがりすぎてしまうと、熱が体の中にこもってしまうため、衣服や室温の調節をしながら赤ちゃんの体温を調節してあげてくださいね。

発熱との見分け方

赤ちゃんは体温があがりやすく、37.0℃以上になることもよくあります。37.5℃あっても機嫌や体調がよく、元気な場合もあれば、何らかのウイルスと戦っている、発熱と診断される場合もあります。「病院に行った方がいいのかな?」「これはどっち?」と戸惑ったときには、赤ちゃんの様子を観察しながら落ち着いて対応するようにしてみましょう。

こんなときは様子見しましょう

・普段と変わらず授乳や食事ができている
・顔色がよく機嫌が良い
・元気に遊んでいる
・あやすと笑顔を見せたり反応する
・睡眠がとれている

こんな風に、熱が37.0℃以上あっても体調が良い場合は一時的に熱が上がった状態だと考えられます。すぐに受診しなくても、衣服や室温を調節したり、落ち着いて過ごせるようにしたりしながらおうちでしばらく様子を見てもいいでしょう。

こんなときは受診を

37.0℃以上あったとき、一時的な体温の上昇ではなく、体調不良やウイルス性の感染も考えられます。「いつもと様子が違うな・・・」「しんどそう」など不安に思ったときには、受診するようにしましょう。

・38℃以上の発熱がある
・ずっと機嫌が悪く、食欲もない
・下痢・嘔吐の症状がある
・ぐったりして元気が無い
・顔色が悪い
・睡眠がとれない
・手足が冷たい
・けいれんしている

こんなときはすぐに受診し、早い対応が大切です。赤ちゃんの様子は急変することがあるため、このような場合は休日や時間外でも受診することをおすすめします。

発熱のときの対処法

37.0℃以上あっても体調が良い場合は、心配しすぎる必要はありませんが、様子をしっかり見ていくようにしましょう。
そして、何らかの異常が見られたとき、発熱だと思われた場合は、受診するほか、ご家庭でもケアする必要がありますので知っておいてくださいね。

水分補給をする

熱が上がると、赤ちゃんは脱水症状をおこしやすくなります。水分補給をしましょう。水分をとるのを嫌がる場合は、口の周りだけでもこまめにぬらしてあげましょう。

体をあたためたり、冷やしたりする

赤ちゃんの様子や、体温を見て体をあたためたり、冷やしたりするようにしましょう。
赤ちゃんは熱がこれから上がるというときには、体が冷えたり、ぶるぶる震えたりすることがあります。そのときには、布団や上着をかけて体をあたためてあげましょう。
反対に、赤ちゃんの熱が上がったときには、体に熱がこもりやすくなってしまいます。厚着や布団をかけて体をあたためすぎるのはあまりよくありません。なるべく薄着で熱を外に逃がしてあげるようにしましょう。室温の調節もするようにしてださいね。

体温を記録する

赤ちゃんの体温を記録し、受診した際に、病院の先生に伝えるようにしましょう。診断する際の手がかりになることがありますよ。検温をするときには、無理に赤ちゃんを動かそうとせず、簡単に計測できる体温計があると便利ですね。

体を冷やす

高熱が出たとき、赤ちゃんが嫌がらなければ、少し体を冷やしてあげましょう。頭や、脇の下、首回り、足の付け根などを冷やしてあげるといいでしょう。保冷剤や氷で冷やす場合は、肌に直接当たらないようにガーゼやタオルなどで覆い、短時間様子を見ながら冷やすようにしてくださいね。

さいごに

赤ちゃんの平熱は大人とは違って高くなっています。熱が少し高い場合でも、機嫌や体調が良さそうであれば様子を見たり、平熱でも様子が普段とちがった場合は受診するようにしたり、赤ちゃんの様子によって対応してあげるようにしてくださいね。赤ちゃんの自律神経が整い、自分で体温調節ができるまでは、おかあさんがしっかり見守ってあげてくださいね。

抱っこ紐専門店 キューズベリー

https://www.cuseberry.com

抱っこ紐ZERO新生児~1歳まで
抱っこ紐NICO4カ月~3歳まで
抱っこ紐PATO1歳~5歳まで

-赤ちゃんのこと

Copyright© 妊娠・子育てお悩み解決ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.