分娩時のQ&A

【分娩方法の種類】無痛分娩と和痛分娩とは?違いを教えて!

無痛分娩と和痛分娩とは

無痛分娩=和痛分娩

この場合、大抵硬膜外麻酔を使用した分娩のことを指します。
麻酔分娩ということも多いです。

無痛分娩≠和痛分娩

この場合は無痛分娩を硬膜外麻酔を使用した分娩、和痛分娩や呼吸法や瞑想、リラクゼーションなど麻酔以外で痛みを取るような分娩のことを言うことがあります。

無痛分娩というと、全く痛みが無いイメージになりますが、最初から最後まで全く痛くないことはほぼないので、無痛分娩ではなく、和痛分娩と表現する施設が多くなっています。

無痛分娩とは

無痛分娩とは、硬膜外麻酔を使用して分娩中の痛みを和らげることをいいます。下半身に麻酔がかかっているため分娩後の縫合の痛みが軽減したり、分娩後の体力の回復が早くなったりもします。
まだ日本のほとんどは自然分娩が多いですが少しずつ、無痛分娩に対応する産院も増えてきました。

無痛分娩は医療行為にあたります。無痛分娩自体が赤ちゃんに影響を及ぼすということはありませんが、何らかのリスクや合併症を引き起こす可能性もあります。無痛分娩を希望する場合は、産院を探すときから考え医師に相談するようにしましょう。

和痛分娩とは

無痛分娩=和痛分娩といわれる場合、分娩時“無痛”(まったく痛みを感じないこと)ではないことから和痛分娩ともよばれています。

無痛分娩≠和痛分娩といわれる場合、和痛分娩は麻酔以外で痛みを和らげることを意味します。麻酔以外で痛みを和らげるには、呼吸法、分娩時の体勢、瞑想、リラクゼーションなどがあります。分娩前にイメージトレーニングしたり、ご自身がリラックス出来る方法を考えたりする参考にしてみてくださいね。

座位分娩 座った状態で分娩すること
フリースタイル分娩 おかあさんの楽な姿勢で分娩すること
ソフロロジー式 イメージトレーニングをしたり独自の呼吸でリラックスした状態をとること
ラマーズ式 呼吸(特にはく息)を重視してリラックスした状態をとること

出産はおかあさんにとっても他にかえることのない貴重な瞬間です。どのような分娩方法で赤ちゃんを迎えるか、パートナーや医師と相談しながら選択してくださいね。
希望する分娩方法をとれることが一番望ましいですが、おかあさん、赤ちゃんの命・健康を一番に考えた結果、希望とはちがった分娩方法を選択しなければならない場合もあります。早めからパートナーや医師と十分に相談しながら、一番良い方法は何かを考えていきましょう。

分娩方法はいろいろあります。
こちらの記事にもかいていますので、合わせて読んでみてくださいね。

お産の最後に急にお腹を押されてしんどかったです。あれは何だったんでしょうか?

どうして帝王切開をするのでしょうか?

抱っこ紐専門店 キューズベリー

https://www.cuseberry.com

抱っこ紐ZERO新生児~1歳まで
抱っこ紐NICO4カ月~3歳まで
抱っこ紐PATO1歳~5歳まで

-分娩時のQ&A

Copyright© 妊娠・子育てお悩み解決ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.